I'll be NET 】創作サイトから中小企業まで東京都三鷹市で低価格高品質なホームページ制作(SOHO)

トップページ > Wordpress > All-in-One Event Calendar で作成した予定にアクセスしたときのURLを変更する方法

All-in-One Event Calendar で作成した予定にアクセスしたときのURLを変更する方法

All-in-One Event Calendar で作成した予定にアクセスしたときのURLを変更する方法

Wordpressのプラグインで、カレンダーや予定を管理したい時便利なプラグインが、「All_in_One Event Calendar」です。
今回は、All_in_One Event Calendar で作成した予定にアクセスしたときのURLを変更する方法を紹介します。

All_in_One Event Calendar のパーマリンクを変更する方法

All_in_One Event Calendar では、「ai1ec_event」というカスタム投稿タイプを作成し利用しています。
基本的な使い方では、

  1. 固定ページを作成
  2. プラグインをインストール
  3. プラグインの設定でカレンダーを表示する固定ページを選択

上記の通りにすると、固定ページ上にカレンダーを表示できます。
そして、作成された予定は

http://設置URL/event/投稿ID

などでアクセスできます。
http://設置URL/event/以降のパーマリンクについては管理画面の設定→パーマリンク設定で変更することが可能です。
複数のカスタム投稿タイプを使用しているときは、カスタム投稿タイプごとにパーマリンクを変更できるプラグイン『Custom Post Type Permalinks』がオススメです。

All_in_One Event Calendar の rewriteスラッグを変更する方法

上記の方法はhttp://設置URL/event/以降のURLを変更する時のやり方でしたが、http://設置URL/event/の「event」部分を変更する方法がなかなか見つからず苦心しました。
カスタム投稿タイプでアクセス時のURLを変更する時はrewriteスラッグを設定すればいいというのを知っていたので、All_in_One Event Calendar での rewriteスラッグ変更箇所を探してみました。

wp-content\plugins\all-in-one-event-calendar\lib\post\custom-type.php の55行目

        $rewrite     = array( 'slug' => Ai1ec_I18n::__( 'event' ) );

上記のevent部分を任意の文字列に変更することで、予定表示時のURLを変更することができます。
例えば予定をhttp://設置URL/schedule/投稿IDで表示したいなら、

        $rewrite     = array( 'slug' => Ai1ec_I18n::__( 'schedule' ) );

のようにすればOKです。

All_in_One Calendar は予定管理に適したプラグインなので、カスタマイズで便利に使っていきたいですね。

記事移動

関連記事

Wordpressで記事のスラッグから記事IDを取得する方法

Wordpressでカスタム投稿タイプの投稿のスラッグからIDやタイトルを取得する方法

Toolset Types でカスタム投稿タイプのパーマリンクやカスタムタクソノミーのパーマリンクを変更する方法

Wordpressで指定スラッグのページの子ページを一覧表示する方法

Wordpressでカスタム投稿タイプの新着記事一覧をターム付きで表示する方法

Comment Form

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mailaddress
URL
Message
Restriction
Postkey
(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

創作サイトから中小企業まで東京都三鷹市で低価格高品質なホームページ制作(SOHO)【I'll be NET】

プロフィール

author:I'll be NET

since:2014.01.01

東京都を拠点としたSOHO(フリーランス)による創作サイト向けWEB制作サービスを行っています。 お仕事とか創作活動とかでメモっておきたいこととかを掲載しています。

more

Feed