I'll be NET 】創作サイトから中小企業まで東京都三鷹市で低価格高品質なホームページ制作(SOHO)

トップページ > Wordpress > Wordpressでショートコードを利用してphpファイルをincludeする方法

Wordpressでショートコードを利用してphpファイルをincludeする方法

Wordpressの本文エディタ内でテンプレート内の変数や自作のプログラムを使用したくなった場合に便利なのがショートコードです。
[]内にショートコードを記載すると、プラグインやfunction.phpであらかじめ設定しておいた関数を使用することができます。

今回は、テーマディレクトリ内のテンプレートをショートコードを利用してincludeしてみます。

//テーマディレクトリからショートコードを使ってincludeする [inc_file file='my-file']
function my_file_include($params = array()) {
    extract(shortcode_atts(array('file' => 'default'), $params));
    ob_start();
    include(STYLESHEETPATH . "/$file.php");
    return ob_get_clean();
}
add_shortcode('inc_file', 'my_file_include');

上記ソースをfunction.phpの任意の箇所に記載します。
本文エディタ内に

[inc_file 'assets/my-file']

のように記載すれば、wp-content/themes/theme名/assets/my-file.phpをショートタグを記載した箇所に挿入できます。

参考にさせていただいたサイト

bridge:[WordPress]ショートコードでPHPテンプレート(ファイル)を呼び出す

有益な情報を公開いただき感謝いたします。

記事移動

関連記事

Wordpressのカスタム投稿タイプにリビジョンを追加する方法

MW WP Form で選択された内容によって必須項目(バリデーションルール)を切り替える方法

MW WP Form で入力された内容によって自動返信メールや管理者宛メールの内容を変更する方法

Wordpressで投稿タイプを取得・表示する方法

Wordpressで全ての親ページの情報を取得する方法

Wordpressで記事のスラッグから記事IDを取得する方法

Comment Form

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mailaddress
URL
Message
Postkey
(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

創作サイトから中小企業まで東京都三鷹市で低価格高品質なホームページ制作(SOHO)【I'll be NET】

プロフィール

author:I'll be NET

since:2014.01.01

東京都を拠点としたSOHO(フリーランス)による創作サイト向けWEB制作サービスを行っています。 お仕事とか創作活動とかでメモっておきたいこととかを掲載しています。

more

Feed