I'll be NET 】創作サイトから中小企業まで東京都三鷹市で低価格高品質なホームページ制作(SOHO)

I'll be NET BLOG

なにかの役には立つかもしれない。

トップページ > web関連> CSS > iphone の safari でアドレスバーや標準メニューが消えない時に確認した方がいいCSSの設定

iphone の safari でアドレスバーや標準メニューが消えない時に確認した方がいいCSSの設定

iphone の safari でアドレスバーや標準メニューが消えない時に確認した方がいいCSSの設定

iphoneやipadなどiOSの標準ブラウザsafari(ver.10以降)では、画面アクセス完了時に画面上部にアドレスバー、下部に標準メニューが表示されます。
画面内をスクロールさせればアドレスバーが短く省略され、標準メニューは画面外に移動します。

iphone_vh_01.jpg

しかし、画面内をスクロールしてもアドレスバーが短くならず、標準メニューも消えない場合があります。
しかも、通常アドレスバー上部をタップすれば画面最上部に戻る(トップに戻る)のですが、この機能も使えない状態になっています。
そういう時は、スタイルの設定を確認してみましょう。

コンテナブロックやstaticでないブロックには height: 100vh; は使わない!

iphone_vh_02psd.jpg

背景を画面下部まで表示したい等の場合、

html, body{
    height: 100%;
    min-height: 100%;
}

のようにコンテナブロックに[height: 100%;]を使用することがあると思います。
この際、

html, body{
    height: 100vh;
    min-height: 100vh;
}

 のように、[ vh ]の単位を使っていると、アドレスバーと標準メニューが表示され続けることになります。

これは、htmlタグやbodyタグだけの話ではなく、例えば

<html>
    <body>
        <div id="wrapper">
            <div class="contents">
                <p>これはコンテンツです</p>
            </div>
        </div>
    </body>
</html>

上記のようなブロック構成の場合は、div#wrapperも該当します。

更に、position: static;以外の値(absolute,relative,fix)が設定されているブロック要素にも使わないほうが良さそうです。

つまり、画面の最大縦幅≠ビューポートの縦幅となるように設定したほうが良いでしょう。

レスポンシブデザインでのサイト作成時にビューポートに対する割合として使える[ vh ]は非常に有用なので、注意して使いたいですね。

記事移動

関連記事

レスポンシブデザインなサイトの作り方

創作サイトの携帯電話・スマートフォンなどのモバイル対応方法(初心者編)

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

プロフィール

author:I'll be NET

since:2014.01.01

東京都を拠点としたSOHO(フリーランス)による創作サイト向けWEB制作サービスを行っています。 お仕事とか創作活動とかでメモっておきたいこととかを掲載しています。

more

日記検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed

創作サイトから中小企業まで東京都三鷹市で低価格高品質なホームページ制作(SOHO)【I'll be NET】