I'll be NET 】創作サイトから中小企業まで東京都三鷹市で低価格高品質なホームページ制作(SOHO)

トップページ > PHP > Smartyで配列の中身をデバッグする方法

Smartyで配列の中身をデバッグする方法

Smartyで配列の中身を表示するには、foreachsectionを使用しますが、中身を確認するために手っ取り早くデバッグするには、下記のような修飾子を使います。

|@debug_print_var
{$array|@debug_print_var}

配列が適度に改行されて表示されるので一番見やすいと思います。

|@print_r
{$array|@print_r}

PHPのprint_r()と同様の表示を行えます。

|@var_dump
{$array|@var_dump}

PHPのvar_dump()と同様の表示を行えます。

まとめ

ブラウザ上で一番見やすいのは|@debug_print_varだと思いますが、修飾子が使えない場合もあるので同じ用途の他の修飾子を知っておいて損はないと思います。
はずかしながら変数の中身を知るためにいちいちforeachしていた時期もあったので、便利な修飾子は積極的に活用していきたいです。

 

 

記事移動

関連記事

smartyのarray_key_existsで配列の中のキーの有無を調べる方法

smartyのin_arrayで配列の中の値の有無を調べる方法

smartyのassignでテンプレート内変数を定義する方法

smartyでいろいろ計算をする(math利用法)

smartyのforeachでループ回数を取得する方法

smartyのforeachで最初と最後のループの時になにかする方法

Comment Form

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mailaddress
URL
Message
Postkey
(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

創作サイトから中小企業まで東京都三鷹市で低価格高品質なホームページ制作(SOHO)【I'll be NET】

プロフィール

author:I'll be NET

since:2014.01.01

東京都を拠点としたSOHO(フリーランス)による創作サイト向けWEB制作サービスを行っています。 お仕事とか創作活動とかでメモっておきたいこととかを掲載しています。

more

Feed